ECDSAをFPGAで実装する

ECDSAはディジタル署名の一種であり,近年では自動運転技術の実現のために秒間1000回のECDSAの計算が必要とされている[1].なお,この秒間1000回は今後も増加する可能性がある.
=>高速にECDSAを行う需要がある
 
HDLでハードウェアを記述することにより,FPGAやVLSIを用いてハードウェア化することができ,最終的には車載用のコントローラーに組込むために役立つ可能性がある.
=>ハードウェア化する必要性
 
よって,以上の2つからECDSAをFPGA上に実装することとなった.なお,FPGAでの実装にはHDL(VHDL)を使用するため,そのHDLを流用することでVLSIにすることも可能となるかもしれない.
 
 
[1]] M. Knezevic, V. Nikov, and P. Rombouts, “Low-latency ECDSA signature verification — A road towards safer traffic,” NXP Semiconductors, Available: https://eprint.iacr.org/2014/862
 
 
 

研究室でご飯をつくろう

大学生にとって,研究室に通うことは苦痛である.
たとえ指導教員が「毎日来るように」とお達しを出したとしても,来ないのが実情である.実際,すでに研究室の半数はほぼ毎日研究室に来ていない(ただしゼミには出席している).なぜ研究室に来ないのか.それはおそらく自宅の布団があまりにも心地良いからではないだろうか.人間の3大欲求(食欲・睡眠欲・性欲)の一つである睡眠欲に人間は抗えないのだ.
続きを読む

C言語で楕円曲線の勉強(1.有限体)

最近,卒研の関係で楕円曲線暗号の勉強をしている.
その勉強のまとめをここに吐き出しておきたい.
個人のまとめなので,内容に不備があろうとも責任を負う事はできない.
 
続きを読む

SystemVerilogの+演算子について

SystemVerilogでは(複数)ビットの加算を+演算子によって行う事ができる.
しかし,この+演算子が最終的にどのようなゲート表現となるのか,確認したことがなかったため,今回はその確認を行う.
また,加算器は全加算器(半加算器)を用いることでも作成することができる.よって,+演算子と自作の加算器の性能比較も行う.
続きを読む

GR-PEACHでディジタル時計を作った

今年の夏,セキュリティ・キャンプに参加した.
そのとき参加した講義の一つで,GR-PEACHがもらえるというものがあった.ただし,「事前学習や趣味で使った内容を,ネット媒体(ブログやウェブサイト,twitter,Qiita等)に書くこと。」,「年内くらいに掲載、公開してほしい」とのことで,さっき思い出して慌ててこの記事を書いている.
今記事を書いている日付を確認すると12月24日,つまりクリスマスだ.
メリークリスマス.私は今年のクリスマス,時計を作って過ごしたよ.
続きを読む