初めて寝坊を理由に大学の講義を休んだ

今日,初めて寝坊を理由に大学の講義を休む.
今まで学校の講義をサボるということをしてこなかったので,なかなか不安な気持ちがある.ちなみに,今日の科目は3限と5限で,どちらも出席が評価に直結することはない.
そもそもなぜこんな自体になったのか,洗濯が終わるまでの間反省として考察していく.
 

本日11月16日(木),7:30にアラームに気付き,私は一度は目が覚めた.しかし「あと5分は大丈夫だろう」という考えから二度寝を行い,結果として13:30頃に目が覚めた.3限の開始時刻は13:10である.この時点で急いで学校に行っても,食事やバスの時間から間に合わないことが分かる.また,5限の講義についても期末試験が主な評価基準となっているので,出席を諦めることとする.
 
以上が本日の流れである.
それに対し,昨日以前に何があったかについて以下に箇条書きで示す.
 

  • 10日(金)  5限の講義終了後,初めて夜行バスに乗り,6時間揺られる
  • 11日(土) 某勉強会に参加する.楽しかった.
  • 12日(日) 某勉強会の続き.とっても楽しかった.そしてまたバスに6時間揺られる.
  • 13日(月) 1,2限の講義を受けた.2限では毎回小テストが実施される.その対策として睡眠時間を削り,朝早く起きた.また,翌日は実験レポートの提出があったため,翌日の4:30まで実験レポートの作成を行った.
  • 14日(火) 1-5限講義を受けた.いわゆるフルコマである.実験レポートについては無事に提出することができた.また翌日にも別のレポート提出があったため,翌日の4:00までレポートの作成を行なった.
  • 15日(水) レポートの提出を行い,少し晴れ晴れとした気分となっていた.講義は3,4,5限であったが,3限は休講となっていたため,1つ前の記事を書いていた.その後,2通のレポートをこなした達成感からか本を読み始め,気付けば4:00になっていた.
  • 16日(木) 寝坊し,悲しみとともに3,5限をサボることを決断.

 
上に示した今までの流れから,普段を比べてやたらと忙しく,それ故に睡眠時間を確保できていなかったことが分かる.そのため,今回の根本的な原因としてはタスクの管理不足,睡眠時間の不足の2つであると考える.
 
よって,今後はタスク管理をiPhoneのリマインダ機能からガントチャートのような線表へと移行し,より締切までの日数を視覚化しやすくする.また,睡眠時間の不足については,今後は遅くとも1:00には寝られるようにし,2:00には完全に寝ていることを目標とする.
 
大学3年にもなって自己管理に失敗している様は我ながら滑稽であるが,こういうものは1つずつ直していく必要があるため,少しずつ改善していきたい.